おとなになっても奇蹟は起こるよ

アラフォーが感性を磨いていくブログ。そして宝塚おたく。

このブログについて

このブログは、地方在住のアラフォー干物(実家暮らし)のブログです。

 

・地方在住、アラフォー、独身、宝塚おたくなので、人一倍社会の役に立てるよう心がけてます

・コスメ、ファッション、美容が好きです。アラフォーだからこそできるオシャレを研究してます

 

 

 

独身アラフォー宝塚花担の連休の過ごし方

こんにちは、ダニエルです。

 

久々の更新なのですが、この間何をしていたかというと、平日は毎日残業、土日は東京へ遠征を繰り返してました。

いやー、ハードであった。

もともと、年度末・年度始めが忙しい仕事ではあるんだけど、今年はそれに連休前の締め切りラッシュが重なって、連休に入るまでは仕事仕事の毎日。

 

そして、ここまで仕事が忙しくなると予想していなかった頃に立てたハードな遠征計画。

金曜夜に出発して、月曜朝に帰ってきてそのまま出勤を2週続けたり。

20代じゃないんだ、アラフォーなんだから、もっと落ち着いた遠征計画を練ろうぜ、って自分に言いたい。

 

そんな日々を過ごしてたので、連休はとにかく予定を入れず、のーーーーんびり過ごすことを心の支えになんとか乗り切りましたよ!

 

今日で、連休入って2日目ですが、連休初日は遠征、昨日は大好きだった公演の千秋楽でした。*1

昨日の千秋楽は、私はライブビューイングで観たんだけど、トップ娘役の仙名彩世さんは退団なので、全編において輝いていて、はっちゃけていて、他の退団者さんも輝いてるし、組替えになるお二人(鳳月ちなつさん、舞空瞳さん)はところどころ抜かれるしで、涙涙の千秋楽でした。

さよならショーも素晴らしかった。

私は、さよならショーに出てきた公演はすべて拝見していて、中でも博多座Sante!!のデュエットダンスが大好きだったので、また観られて嬉しかったな。

仙名彩世さんの歩んだ道のり、今の華々しいお姿に想いを馳せると、涙しかない。

ゆきちゃんを見守る明日海さんの視線がまた慈愛に満ちていて、泣けるし…。

 

というわけで、昨日はCASANOVAにちなんで、カルボナーラを食べるつもりがトマトベースのパスタを食べて、帰ってきました。

 

もう、私の連休終わっちゃったんじゃないか、って喪失感なんだけど、残りはのーーーんびり過ごすのだ。

 

いくつか、連休中の目標があります。

・お部屋の片づけ

 遠征続きで、散らかった部屋を何とかしたい。まだホットカーペット敷いてるし。でも、まだ急に寒くなる日があるから、油断できない。連休後半で片付けるか。

・ブログ更新

 更新していない間に、書きたいことが貯まってるので、連休中は、毎日更新したい(すでに2日間過ぎたが)。この間、コスメも買ってたし。遠征のカプセルホテルにつても記録しておきたい。

・グーグルアドセンス申請

 このブログはグーグルアドセンス数回落ちてるんだけど、体裁を整えて、連休中に申請予定。記事が急に減っていたら、申請しているんだと察してください(たぶんこの記事も下書きに戻す)。

・メルカリ

 仕事忙しくて、メルカリも途絶えてたので、連休中のお小遣い稼ぎとして、メルカリ出品を細々とする。

 メルペイって便利よな。メルペイ使うために、売上金あげておきたい。

 

いやー、連休っていいね。

たまに、10日も休んだら社会復帰できない、って言う人いるけど、社会復帰できなくてもいいから休みたいよ…

しかし、連休のために、連休前は通常時より忙しくなる業界が多いと思ったんですけど、だから長期連休も良し悪しですね。連休前が大変すぎた。

 

それでは、みなさま充実した連休をお過ごしください。

 

 

*1:花組CASANOVA

婚活で大失敗してきた

こんばんは、ダニエルです。

 

昨日ね、婚活的出会いがあったんだけど、盛大に失敗してきました。

今後の教訓として、記録しておきます。

 

 

 

1 私と結婚について

ええと、ずっと独身の未婚40才です。

この年まで、独身を続けると、自分でもわけがわからないくらいこじらせてます。

 

結婚したいわけではない、結婚しなくても生きていける、でも結婚していない自分は不完全な気がする。

あの人、結婚していないのは何らかの欠陥があるからだわ、って人に思われている気がする。社会とうまく折り合いがつけられていない気がする。

 

これらの感情は被害妄想なのかもしれないけど、そう感じる程度にはこじらせている。

 

そんな自分を肯定するため、仕事はするし、美容には気を使うし、自分の生活は充実させたいし、っていうのがここ数年の私です。

 

婚活をやめたのは、約3年前。

お見合いをして、結婚が決まりかけていて、でもそのお相手と結婚するには、地元を離れ、仕事を辞めて東京に行く必要があって、その頃仕事が充実していた私はその決断ができず、その話はお断りしたのでした(当時37歳くらい)。

 

そのあとは、結婚しないなら、趣味を充実させよう、と思っていた頃に宝塚にはまり、そのあとは、坂道を転げ落ちるように(この表現でいいのか?)ヅカ沼に綺麗にはまりました。

 

ただただ美しいご贔屓たちを愛でる生活というのは、お金と時間がかかるけど、精神的にはノーストレスで甘美で幸福な時間が過ぎていく感じ。

すでにいい大人で、妊娠できるリミットは日に日に近づいてきてるけど、モラトリアムを堪能してました。

 

そうはいっても、かたくなに結婚したくないし!と強く思ってるわけではないので、いい出会いがあれば…と常に心の片隅にはある。

しかし、アラフォー女にそれほど誘いの声はかからないのであった。

 

年に1、2回男性からお誘いがあったり、飲み会の話があると気持ちがあがるくらい。

それらも特に発展することもなく。

 

なんですけど、祖母のお葬式で親族で並んだときに、家族単位ではなく、一人で存在している自分の心もとなさ。

母が脳梗塞で倒れて、*1親が死んだ後の自分は本当に一人だと気付いて、人生を共に過ごすパートナーが欲しい機運が高まったんですよ。

 

そんな時に、ちょうど昔の知り合い*2が婚活していて、出会いを求めていると聞いたので、その人に会ってみました(ここまでがまずは前置き。長い)。

 

 

2 失敗の要因:現場から離れすぎた

 

私、生活の8割が宝塚なんですよね。

仕事中は、基本的に仕事してるけど、それ以外は宝塚のニュースチェックして、ツイッター見て、自宅ではスカイステージ観て、休日は観劇予定があったら遠征して、観劇予定がなかったら自宅でスカイステージ。

 

お友達も、普通のお友達もいるけど、頻繁に連絡とってるのはヅカ友ばかり。

なんせ、ヅカ友は全国のどこに行っても見知った顔に出会えるし、共通の話題しかないし、常に検討すべき議題はあるし(誰かの退団やら、公演の発表とかさ)、大忙しです。

 

いえね、宝塚好きでも、あれは理想の世界であって、現実の世界ではないと分かってたつもりなんだけど、私自分が重度のヅカオタって認識できてなかった。

 

まずね、それほど親しくない人に趣味宝塚って言っちゃダメだった。

全く私の好感度上がらなかった。

むしろ、ドン引きさせた。空気が凍ったのを感じたよ。

 

私としてはさ、すごくすばらしいものなわけです。宝塚好きって言うと、好感度上がるに違いない、って思いこんでたんですよ(そこからして、一般の感覚と乖離していると思う)。

大体、周りのヅカ友さんは、既婚者も多いわけで、彼女たちは配偶者にそれなりに了解を得て、遠征や、ヅカ活動をしているわけで、宝塚の魅力は異性にも届くと信じていた。

劇場には、奥さんや彼女に連れてこられているような素敵な男性もそれなりにいるし。

 

いやーーー、違ったね。

特殊な趣味なんだね、宝塚。

せめて初回は「趣味は観劇」程度にしておけばよかった。

理解されがたいんだな。

 

お相手の人が、帝国ホテルに泊まったときに、出待ちの様子を見たことがあって、あれは驚いたよ、って言ってたんだけど、「私いつもそれやってます」はさすがに言えなかったものね。

ええ、私も初めて入出の人々を見たときは、あの人たちやばい、って思ったから気持ちはわかる。中に入ってみると、すっごく楽しいんだけどね(小声)

 

一般の男性に、趣味宝塚って言って、いいこと何一つないってわかってたはずなのに、こんな失敗を犯したのは、男女の出会いの現場から離れて、感覚が鈍っていたからだ。

 

いやー、宝塚について、絶対言ってはいけないわ。

まず理解されない。金遣いの荒い頭のおかしい女だと思われる(実際そう)

こういうのは、様子をみて、徐々にカミングアウトしていくのがよさそうです。

付き合ってるうちは、隠し続けてもいいかもしれないな。

 

3 失敗の要因:男性のプライドをへし折った

 

これもさ、宝塚ファンなら、娘役のように寄り添えよ、って話なんだけど、全然ダメでした。

 

お会いした方は、53歳だけど、素敵な方でした。

で、「年齢差があって、僕は定年退職が近いけどいいの?」って話になって、私が言ったのは「再雇用や、定年延長がありますよね」って。

「働いてほしいです、仕事していない人を私は尊敬できないので」って畳みかけるように。

 

いやーーーー、私ったら何様でしょう?

ちょっと、ダメダメだよね?

なんで、私ああいうこと言ったんだろう?

 

その前に、その人が子どもが欲しい、って言ってたから、いや子どもいるのに定年だからってそのまま家でゴロゴロされて、子どもとその人の生活がすべて私にかかってくるのしんどい!って思っちゃったんだけどさ…

実際、めっちゃ気になるわ。それなりの貯金額あっての子どもが欲しい発言なんでしょうね?って詰めたかったけど、それはさすがに止めておいたよ。

 

私の回答は失敗だった(すっごく雰囲気悪くなった…)けど、どう答えるのが正解だったのかわからないんだけど。

たぶん、「私が支えるから大丈夫です!」とか?

 

でもさー、その人にはいい印象は持っていたけど、プライベートな話は初めての人で、老後の人生支える覚悟する段階ではなかったし。

そういう状況でもうまく答えられてこそ結婚生活もうまくいくのかも。

 

とりあえず、この会話のあと、お相手には、「ちょっと、〇〇さんこわいな~」って言われました笑(笑えない)

 

4 雑感

 

ここからは、グチというか、雑感。

お相手の人は、53歳とは思えないくらい、外見を保ってる素敵な人だったんだけど、ということはこれまでもそれなりに女性とのお付き合いはあったわけで、外見に自信がありそうだった。

それなりに外見が素敵な人というのは、どうしてもナルシストだよね。

 

女性慣れしているのは、ラクだけど、そういう男の人は他の女性にも気軽にそういうことするしな~

 

あと、40代後半から50代の男性って頑固というか、男のプライドがありそうで面倒くさい。。。

この人のこのこだわりをすべて理解して、尊重するなんてできない!って気持ちになった。

前に、年上の人と付き合って、すごく面倒くさかったトラウマがあるんだよね。

 

 

5 今後の取り組み

 

まだ、今回会った人とは何も始まってないし、終わってもないんですが、自分の受け答えのピントがずれてる感が際立っただけでしたね。

また会うかわからないけど、こちらから積極的に行く気持ちはないので、様子をみます。

 

が、それとは別にお見合い話が一件持ち上がってるので、その人に会うことになったら、今回の教訓を活かして、娘役のような気持ちで寄り添ってお話したい。

 

今回の出会いでは、たくさんの課題を見つけましたが、今回見つけたこの課題を次の機会には改善したいと思います、って宝塚新人公演のご挨拶のように締めます(結局ヅカオタ)。

 

*1:今は退院して、幸い後遺症は残っていない。

*2:53歳で、私よりも一回り年上。でも素敵な男性。

近況報告:春ですね

こんにちは、ダニエルです。

 

年度末に、ブログ更新しておきたかったけど、仕事が繁茂期につき更新できないまま新年度に突入しました。

 

今日は、通院で午前休とったので待ち時間に書いてます。

 

 

 

最近の私といえば

 

1  母退院により、家事から解放された

 

脳梗塞で入院していた母が二週間前に退院しました。

その後、メキメキ回復して、今はほぼ家事をしてくれるようになりました。

 

今回の入院で、親の命は無限ではないって痛感したので、これからもいい思い出をたくさん重ねていきたいです。

 

2 職場メンバーが変わった

 

毎年異動がある職場なので、半数のメンバーが変わりました。

 

中でも、上司が変わったのが大きい。

前の上司が苦手で、そいつの話聞きながらの残業が耐えられなかったんだけど、新しい上司は静かで、仕事が早いのでノーストレス!

 

残業が苦痛ではない。

いや、早く帰れるのがベストなんだけど、繁茂期は仕方ないものね。

 

あと、信じられないことにメンバー構成的に私が最も下っ端になったので、雑務が増えた(電話出たり、真っ先に雑務対応したり)のがしんどい。

 

アラフォーになって、こんな下っ端ポジ業務するとは。

 

それはそれで、マルチタスク能力を高める機会と捉えて、こなしていきたい。

 

3 プライベートも充実してた

 

オンも忙しいけど、オフも充実してます(現在進行形)。

 

数ヶ月前に張り切ってチケ手配してくれてた自分のおかげで、週末遠征が続いてます。

その合間をぬって、お友達と飲みに行ったり、お茶したり。

 

今度、デートの予定が入ったので、それも書きたい。

 

4 節約について

 

時間がないので、あんまりお金使ってない。

 

意外とコスメ買ったりしてるけども。

買ったコスメたちも紹介したいな。

言いたいことがたくさんあるんだよな。

 

あと、RUMIKOさんのAmplitudeが気になるので、次の遠征でカウンター寄りたい。

 

ということで、近況報告でした!

桜も咲いてきて、春は気持ちも晴れやかですね。

 

近況報告:めっちゃ疲れてますが、希望が見えてきた

こんにちは、ダニエルです。

 

前回ブログ更新して以来、母入院によるバタバタでブログ更新する余裕がなく日々過ぎていきました。

 

おかげ様で、母親の回復は順調で、来週中に退院の目途です。

 

今回、祖母のお葬式で親戚や、知り合いにたくさん会いましたが、母の脳梗塞の話題で、それほど親しくなかった人とも盛り上がったんですが、脳梗塞になったことのある人もしくは家族がなった人の多いこと!

 

体感としては、5~10人に一人は本人もしくは家族が脳梗塞経験ありでした。

こんなに共通の話題だったとはね。

 

もし、自分か、親しい人が脳梗塞の兆候があったら(眩暈、手足が思うように動かないなど)、ためらうことなく救急車を呼びましょう。

 

その時は、保険証やお薬手帳も用意できればベストです。

今回、母親は自分で保険証とお薬手帳を準備していました。

お薬手帳があったおかげで、処置が早まったので、常日頃の備えが大事だと思いました。

 

脳梗塞は早めの対応が重要です!!

 

それでは、私の最近についてつれづれなるままに。

 

 

 

1 仕事が忙しい、職場でのストレスの元凶との別れ

 

年度末、年度始めは業務が多い職場です。

まあそうは言っても、残業もたいした時間ではないし(職場が19時半に強制施錠される)、土日に毎回行かないといけないほどではないですが…

 

あと、この一年気付かないフリをしていましたが、上司が会った瞬間から好きではなかったです。

ネガティブでおしゃべりな古いタイプの人間で、一日中「仕事がしんどいしんどい」言っていて、有給とらず、残業して土日も仕事に来ることが自慢みたいな(仕事自体はそれほど忙しくもないのに)。

 

嫌悪感を感じすぎると、精神的につらいので、嫌悪感を感じないようにしてたけど、そいつは99%異動なので、もうすぐお別れ~\(^o^)/

終わりが見えてきたので、上司への嫌悪感に蓋をしなくなってきた今日この頃。

とは言っても、感情を認識しているだけで、送別会では「ありがとうございました」などと心にもないことを言いながら、お酒を注ぐタイプなんですけど。

 

いやー、一年長かった。

今は、イラっとしたら、毎日あと〇日で、この人とサヨナラ!ってカウントダウンしてるので、心の平穏が保たれてる。

 

 

2 料理を毎日するのがしんどい

 

母入院により、朝、夜ごはんを作る任務が課せられました。

 

朝:グリーンスムージー、パン、卵料理

夜:ごはん、汁物、メイン一品、副菜(前日からの残り物など)

 

たいしたもの作ってないんですが、日常的に料理してなかったので、これがしんどい。

 

帰宅してから作ると、甥っ子たちの夕ご飯に間に合わないので、毎晩甥っ子たちが寝付いてから料理開始です。

 

これまで、料理と言えば、材料をそろえてから作ることしかしてないので、今家にあるもので作るというのが困難。

クックパッドで検索しまくってます。

 

毎日作るのが心身ともにぐったりだったので、これからはお惣菜をもっと活用していきたい。

幸い、この地方は、働く女性が多くて、スーパーにお惣菜がたくさん売ってるので。

 

周りの友達は、仕事して、家事して、育児して、って子が多いんだけど、みんなよくやってるよ。。。尊敬しかない。

 

 

3 節約について

 

多忙につき、お金を遣う機会がなく、節約できてます。

毎月の報告も、毎週の支出報告もできていないけど、2月の支出額は10万円越えなかったし(約9万円)。

 

スキンケアコスメを、いつものカウンターに買いに行く時間がなくて、ドラッグストアで買ったら、安くて驚いたし。

これからは、乳液以外は、ドラストでいいんじゃないか?

 

アルビオンの乳液は、大好きなのでやめられないけど、化粧水や美容液は別のをこっそり試してみます。*1

そりゃ、ライン使いするのがいいのは重々承知だけど、高いんじゃ…

 

ちなみに、私がドラストで買ってきたのは化粧水は雪肌精。

これ、昔からたまに使っていて安心感があるから。

↓ (このボトルかわいいな…)

by カエレバ

 

美容液は、こちら。

昔から、コーセーは肌に合うので、大丈夫だと思う。

使用感が、今使ってるアンフィネスの美容液と近かったので、選んでみた。

by カエレバ

 化粧水と、美容液を買って、これまでのアンフィネスの美容液一本分相当でしたよ。

やはり、スキンケアにお金かけすぎな気がする。

 

いや、年齢は上がっていくし、かけてる人はもっとかけてると思うけど。

 

当分これで過ごしてみて、次にカウンター行ったときに、水分や油分チェックしてもらおう。

 

 ブログ書きたい~と日々思ってるんですけど、平日は時間がとれなくて!

ま、来週には母退院らしいし、来週は祝日もあるし、今週よりはこなせるといいな。

 

それでは、年度末で忙しい人や、花粉でグズグズの人はお身体ご自愛くださいね!

*1:大学生からエクサージュを使っていたので、乳液先行でないと落ち着かない身体になってる。今は、アンフィネス。

驚くほど突然不幸になった話

こんばんは、ダニエルです。

 

3月は、年度末で仕事が忙しく、更にその合間に趣味の遠征を繰り返していたので、めっちゃ忙しかったです(過去形)。

昨日まで、楽しく遠征していたのに、たった一日で驚くほど不幸になってました。

 

ちなみに、ここでいう不幸とは、自分で今の自分をめっちゃ不幸wと感じたから、そう評してますが、人によっては、この状況はそこまで不幸でもないかもしれないので、あくまで私自身の主観でそう感じている、って話です。

 

 

1 不幸の始まりー夜行バスが遅れる

 

 一昨日、夜行バスで遠征地に向かってました。

私は、基本的に夜行バスは使わないんですが(疲れすぎて翌日のコスパが悪い、いい大人なので、ヤコバは避けたい)、今回は、早朝のイベントに間に合わせたくて、無理をして夜行バスを選択しました。

 ちなみに、先週も遠征していたので、疲れ切った状態での出発で、乗車と同時に、イヤホンでラジオアプリ聞きながら爆睡しました。

 私は、どこでも眠れるタイプで、さらにイヤホンで何か聞いている状態を作ると、完全に寝れます。今回も、いつも通り、爆睡してました。

 

 そうしたら、途中で、急に隣の席の女子に起こされて「バスが事故にあって、代わりのバスが到着したので、乗り換えないといけません」って説明を受けました。

 寝ていたけど、やたらとサービスエリア休憩長いな、ってのは無意識に感じていたんですが、どうやらそれはサービスエリア休憩ではなくて、代わりのバスを待つ時間だった様子。

 運転手さんが合間合間で説明してくれていたようですが、私はイヤホンして爆睡していたため、全く聞いていなかったようです。

 他の乗客が移動しちゃったので、見かねた隣の女子が起こしてくれたようです。

女子よ、ありがとう。

 

 このバス待機時間により、1時間半の遅れが生じて、結局到着時間がイベントにギリギリというか若干遅れて到着の事態になりました。がんばって夜行バスにしたのに、結局イベントギリギリになるという不幸。

 

 ところで、バスの事故は、後ろの車に当て逃げされたらしいんだけど、バスの最後部席に座っていた私ですが、何の衝撃もなかったんですよ…爆睡しすぎだったのだろうか。

 

 ちなみに、もともとは帰りも夜行バスの予定だったのですが、行きのバスが遅れたことで好感度低かった夜行バスの好感度がさらに下がり、また、眠れるけど、全然疲れがとれないことを実感し、急遽夜行バスをキャンセルし、いつもの特急で帰ることにしました(これは結果としてよかった)。

 

 

2 祖母の死

 

 この遠征から帰ると、祖母が亡くなりました。

祖母は、ずっと施設に入っていて、先週から体調を崩していて、危ないかも、と言われていました。

 年齢的には、大往生だったし、体調を崩して以来、仕事帰りにお見舞いに寄っていて、祖母への感謝の気持ちを伝えていた(私は、母親が働いていたので、祖母に育ててもらってた)ので、覚悟はできていて、悲しい気持ちはあるけど、後悔はない状態です。

 

 夜行バス帰りをやめたので、亡くなってすぐに駆け付けられたのは、いいことでした(夜行バスだと、亡くなった翌日の朝に到着になるところだった)。

 そう思うと、行きのバスが事故にあったのも、不思議というか…祖母の死に間に合うように帰るための事故だったのかなと思ったりもします。

 

 ちなみに、祖母の死により、今週末に予定していた遠征をキャンセルしました。

これが、ご贔屓組の最前列の神席での観劇と、大好きな娘役さんのお茶会に行く予定だったんですけどね。

 残念だけど仕方ない。なんとなく、そうなる気もしていたし。また、神席は当たることがあるでしょう…(希望)

 

 

3 母が脳梗塞で入院

 

祖母の死が深夜だったので、手続きやお片付けをして深夜3時頃、母親がふらついて、救急車を呼んでほしいというので、救急車に来てもらいました。

そしたら、本当に危ない状態だったようで、脳梗塞で緊急入院。

 

今も、治療中です。

 

祖母については覚悟していたけど、これは予想していなかったので、とてもつらい。

 

私は、自分自身はけっこう身体が弱くて入院経験が豊富なんですが、母親はわりとこれまで元気で、入院したことなかったんです。

もともと母親と仲がよくて、彼氏もしくは旦那がいなくても母がいれば生きていけるな、って最近は悟っているので、母親の存在はとても大きいです。

心配です。

 

家のことは、母が取り仕切ってくれていたので、祖母のお葬式等を控えた状態で、母がいないのは非常に戦力ダウンだし、これからの日常生活もどうすればいいのか…まあ、私がいろいろやるしかないんですが。

 

これまで、友達の母親が入院した話は聞いていたけど、自分の母親は元気なものだと信じていたから、ショックです。

年齢的に仕方ないのでしょうが…

 

すぐに救急車を呼んだので、被害は最小限に食い止められたようです。それが、不幸中の幸い。

 

これが、この24時間あまりのうちに起こった出来事ですよ。

こんな急にいろいろ起こるんか?

ちょっと、つらいです。

葬儀屋さんが言ってましたが、人がなくなると、いろいろなことが起こるらしいです。

 

母については、これまで無理させてきたところがあるから、ゆっくり休んでもらって、元気になってほしい。

 

あんまり、ネガティブな内容のブログはあげないようにしてるんですが、今回は怒涛の展開に驚いているので、備忘録として記録しておきます。

 

ネガティブ寄りになってますが、長い目で見ると、いい経験なのかもしれないですしね…人生塞翁が馬、って言い聞かせつつ。 

2月第三週の支出

こんばんは、ダニエルです。

 

先週の支出はひどかった。

思いっきり赤字です。予算1万円を軽く超えています笑(笑えない)

 

食料品(何買ったか全く思い出せない)  468円

病院                  3,500円

薬代                   13,980円

ヨガのエッセンシャルバーム       1,090円

エステの回数券              16,200円

ランチ                 3,240円

苺パフェ                   950円

キャン★ドゥ(メルカリグッズ)     648円

   計                40,076円 

 

4万か…今までで一番赤字です。

 

持病があるので、通院とお薬代は仕方ない(この時点で2万円)。

 

エステの回数券は、行きつけのエステ屋さんなんですが、15,000円(税別)で、20,000円分の施術が受けられるというお得なチケットなんですな。

私は、大体一回につき6,000円(1時間コース)が多いので、これで3回ちょっと通えるわけです。

ちなみに、エステ屋さんはフェイシャルもできるけど、私はいつも疲れ果ててマッサージばかりしてます(女子力ゼロ)。

 

ランチは、母と甥っ子とランチに行ったので、食事代を出しました。

このメンツだと奢らないわけにはいかない(働いてるの私だけだもの)。

外食好きなんですけど、やはり外食するとお金減りますね。

 

先週、個人的にこんなに出費があったのに、父が自宅の洗濯機と冷蔵庫を勢いで買い替えて、ノルマ4万円を請求されるという事件がありました…

父は、経営者なので、仕事の状況によって収入の増減があって、最近収入があったので、勢いづいたようなんですが、こっちは毎月決まった額しかお給料もらえないんだから、急な出費はやめてほしい…

 

せめて、ボーナス時期にしてほしかったな~

 

自宅に住まわせてもらってるので、4万円払いましたが、つらいです…

 

最後に、せめて、美味しかった苺パフェの画像を載せておきますね(もっと全体像のわかるショットにすべきだったー)

f:id:danielchang:20190225235630j:image