おとなになっても奇蹟は起こるよ

アラフォーが感性を磨いていくブログ。そして宝塚おたく。

さよなら、AHKAHの一粒ダイヤネックレス の巻

こんばんは、ダニエルです。

今日は、サービス残業しちゃいました。もう、アラフォー社内ニートの看板は下ろさなければ…。

上司が、勤務時間外に平気で話しかけてくるタイプなんですけど、やめてほしいです。

私は、一刻も早く帰りたいの~~~

 

さて、本日、メルカリにて大物が売れました!

 

AHKAH(アーカー) 一粒ダイヤネックレス 0.05カラット なり~

 

f:id:danielchang:20181010222144j:image

 

22,000円で売れました。もともと、22,000円で出品していて、お値引き交渉もなく、この価格で売れました。嬉しい!

 

私は、ネックレスが大好きで、毎日何かしら着けていたいのです。

首に何もないと、落ち着かないくらい。

そのため、何本か、お気に入りのネックレスがあったのですが、中でも、このコはスタメンでした。

 

まずは、出会いから語らせてください。

 

あれは、今から7、8年前…どこかのお洋服屋さんのことじゃった…

ショップのお姉さんの首元に、華奢で控えめな輝きが大層かわいらしいダイヤのネックレスが装着されていたのです。

反射的に、私はどこのお店のものか聞きました。

お姉さんは、「AHKAH(アーカー)のです~」と親切に教えてくれたのです。

 

当時、すでにAHKAHは大人気で、芸能人がよく着けていて、雑誌などでもよく見かけてました(こういうわかりやすいマーケティングに弱い私です)。

華奢で繊細なデザインが、いかにも女子って雰囲気で何ともかわいらしかったのです。

華奢なネックレスの重ね付けもはやりましたよね~

 

やっぱり、AHKAHかわいいな~

買うなら、一粒ダイヤだな~…AHKAHのネックレスへの憧れが植え付けられた瞬間です。

 

地元には、AHKAHのような感度高い系のショップはありませんので、都会に行った機会に、店舗に行きました。

一粒ダイヤにも、いくつか種類があって、爪留めのあるもの、爪留めのないもの、ダイヤの周りにささやかにデザインが施されているもの、などなど。

 

そんな中、私が選んだのは、とてもシンプルで、何も飾りが付いていない小さなダイヤのネックレスでした。

試着してみたら、これがとてもしっくりきたんだよね。

 

f:id:danielchang:20181010222233j:image

 

それから、お気に入りのネックレスは少し増えていったけれども、このネックレスは最も愛用してました。

なんせ、華奢なダイヤがとてもかわいいうえに、どんな格好にも合わせやすい。場面も選ばず、困ったときにはいつもこれ、って感じです。

小さいダイヤなんだけど、だからこそ、鎖骨の上でキラッと輝くのですよ。

かわいいよなぁ。

 

褒められることも多くて、「私も小さいダイヤ買おうかな」とか。けなされてるのか?と思わないこともないけど、ネックレスのチェーンも華奢だし、ダイヤの小ささすら繊細でかわいく見えるのです。

 

30代前半から、40歳までずっーーーーーと愛用してました。

それが、他の一粒ダイヤネックレスに興味が出てきたのは、40歳になる頃です。

 

さすがに、0.05カラットって小さくない?と思い始めてしまったのです。

年齢相応のダイヤを着けたくなったのです。

 

今は、今年の春に購入したネックレスを毎日愛用しています。

ティファニーのバイザヤードの一粒ダイヤなんですけどね。ふふ。

これについても、いずれ書きます。

 

一粒ダイヤネックレス、二つは使わないでしょ、ってことで、これまで愛用していたAHKAHちゃんとお別れする決意をしたのです。

 

AHKAHちゃん、ご購入者の方のもとに行っても、かわいがられますように!大好きだったよ~~~!!!

 

ダニエル