おとなになっても奇蹟は起こるよ

アラフォーが感性を磨いていくブログ。そして宝塚おたく。

田舎でのソロ活動について の巻

こんばんは、ダニエルです。

 

ちょっと風邪っぽいのです。

なので、気持ちも病んでいるのか、本日はソロ活動の極意についてご教授したいと思います。

私、田舎暮らしのアラフォー独身です。

 

都会はね、田舎と比べると独身者に暮らしやすいですよ。

こちとら、早10年以上、「誰かいい人いないの?」と言われ続けてますからね。

幸い?家族からのプレッシャーはあまりなかったのですが(そのせいで、切羽詰まらなかったとも言える)、職場、親戚からは30歳前から十年くらい結婚のプレッシャーを感じてきました。

 

ただし、アラサーの皆さん、朗報です。

40歳の大台を超えると、もはや結婚のことを聞いてくる人はいなくなります。

それはそれで、気を遣わせていて、申し訳なくもなるんですが…

本当、最近聞かれなくなったわー

現役じゃない、ってことだろうな。

 

というわけで、かれこれ5年ほど、完全にソロ活動を極めております。

ちなみに、私は、結婚なんて制度に全く魅力を感じないので、自ら選んだ独身派です!というわけではなく、ただ単に行き遅れたぼんやり系独身派です。

そして、田舎にはあまり独身者がいない、もしくは独身者はいてもそれぞれソロ活動に慣れており、あまり群れないため、自らのソロ活動がどんどん進展していった次第です。

 

私のソロ活動レベルとしましては

 

〔食事面〕

・カフェ:余裕

・ラーメン:余裕。ただし、食べるのが遅いので、同行者がいると居心地が良いとは思う。私が食べている間に、周囲が2、3回転しているので、とても申し訳ない。

ちなみに、人気店に並んで入店するのも平気。

・焼肉:ランチなら一人でも平気。夜の一人焼肉はさすがに。

・お寿司:ランチなら一人でも平気。夜のカウンターはまだ無理

・バー:そこまでお酒を飲まないので、行かない

 

〔活動〕

・映画:余裕。でも映画は率直に話せる人と感想を話し合えたら楽しいよね。

・ジム:余裕

・美術館:余裕。むしろ一人で行きたい。

・国内旅行:余裕。最近は、趣味の宝塚遠征ばかりなので、旅行してないけど。

・海外旅行:海外住んでたこともあるし、英語圏・中国なら余裕。とはいえ、海外は、人と行くほうが楽しいと思う。飛行機も誰かと乗るほうが好き。

 

こんなところでしょうか。

日常生活では、それほど困りません。

 

ただね、田舎生活ならでは、というか、最も苦手な場所が、ショッピングセンターです。

 

イオンとかさ、単体で行ってる人いないから。

基本的に、家族単位だからね。

休日にイオンに一人で行くと、独身の自分を呪いたくなりますね。

そこで、さらに知り合いの家族に会ったりするとみじめが過ぎる。

 

こちらのできる防御策としては、万が一人に会っても恥ずかしくなく、かつ張り切り過ぎていない格好で行くことくらいですかね…

部屋着みたいな服装で一人でイオンいるの見られると死にたくなりそうなので…

 

というわけで、田舎でソロ活動するうえで、難関場所は、ショッピングセンターですが、よっぽど欲しいものがあったら、ネットで買えばいいし、大丈夫!

イオンには近寄らないのが最善です。

 

なんか、ちょっとかわいそう?

それはそれで、楽しく毎日過ごしてるつもりの

 

ダニエル でした。