おとなになっても奇蹟は起こるよ

アラフォーが感性を磨いていくブログ。そして宝塚おたく。

1万円超える日焼け止めを使ってみた の巻

こんばんは、ダニエルです。

今日は土曜日なんですけど、私、仕事だったんですよ。

イベント的な仕事なので、それ自体楽しかったんですけど、今週は週休一日。

明日一日でお休みが終わる。夢も希望もない気分。

私が子どもの頃は、土曜日は半日学校や仕事がある生活で、皆さん平常運転だったわけで、昔の人は偉かったよなぁ。

 

さて、今日は、日焼け止めについて。

私、安室ちゃんがコギャルだった頃に青春を過ごしたけど、もともと色白なこともあって、ガングロを目指したこともなく、美白派です。

大学生の頃から、冬以外は常に日焼け止めを塗り、日傘持参。その甲斐あって、今も白いし、実年齢より若く見えると思う。

紫外線が最も肌を老化させる、という強い信念を持っています。

 

たまに、こんなに、美肌を守って、一人で死んでいくって空しい気もしてるんですけど、もはや美白が信念となり、日焼け防止行動が習慣化されているので、日焼けすることは絶対に嫌。

 

 

と、美白に並々ならぬ執念を燃やす私なので、日焼け止めにもこだわりがあります。

人気があるものは結構試してきた。

まず、自分の中の決まりとして、顔用はコスメカウンターで購入、身体用はドラッグストアで買えるやつにしてます。そして、今日は、顔用の日焼け止めの話。

 

顔用で、最高峰と言われているのは、クレ・ド・ポーの日焼け止めですよね。

これは前の前に使ってました。

美容液みたいな日焼け止めで、落とした後、肌がしっとりするんだけど、日中もかなりしっとり潤う。私には、冬でも潤い過多に感じたくらい。この頃の私の肌はべたついていたというか、てかっていたのではなかろうか。美容液で、肌にいいんだから!と無理矢理使っていたけど、年間通して使うには、私にはこってりしていました。

もう少し、年を重ねれば、良さを実感できるのかもしれません。

これは9,000円するけど、50g入っているし、結構もちます。

 

そして、先日まで、一万円超えの日焼け止め使ってました。

シャネルのサブリマリージュ。

 

f:id:danielchang:20181020230105j:image

見切れちゃってる写真ですみません…

もともと、シャネルのジェルタイプの日焼け止めを愛用していて(こちらは、6,000円)、同じものを買いに行ったつもりが、ただの好奇心で高いほうを買ってしまった。

そんなに勧められてもいなかったのに。謎の好奇心発動。

 

で、2月に買って、昨日ようやく使い切ったので、約9ヵ月使ってました。私、わりと何でも長持ちするタイプなので(メイク直しをあまりしない、とも言える)。

 

それで、使い切った感想としては、あまり効果がわからなかった…

やはり濃厚過ぎる感じがする。

肌が重いというのでしょうか…

成分が濃厚なせいか、最後の方は分離したみたいになってたし。

(肌に悪そうだけど、もったいなくて使い切った。本末転倒…)

 

結局、前のジェルタイプに戻りました。

f:id:danielchang:20181020230209j:image

こちらは、べたつくこともなく、さっぱり風味。

 

というわけで、日焼け止めについては、まだ諭吉超えは必要ないようです。

 

私がシャネルの日焼け止めを愛用しているのは、ベースメイクはシャネルに決めていることに起因しているのですが、シャネルのファンデへの愛については、またいずれしたためたいと思ってます。

 

そして、今日からまた使い始めたジェルタイプの日焼け止めだけど、先日別件で、シャネルのカウンターを訪れた際に、化粧下地がSPF40、PA+++と知ったので、次回からは、日焼け止めをやめて、化粧下地を使うほうが肌がきれいに見えるのではないかと思い始めました。

でも、日焼け止め使い始めたばっかりなので、化粧下地に買い替えられるのは、半年先かな。

 

ダニエル