おとなになっても奇蹟は起こるよ

アラフォーが感性を磨いていくブログ。そして宝塚おたく。

宝塚全国ツアーをより楽しむ7ルール

こんにちはこんばんは、ダニエルです。

 

週末は、どっぷり宝塚の全国ツアーでした。土日観劇しまくっていて、月曜疲れているという…社会人としてどうなのか微妙ですが、気持ちは充実してる。

 

観劇は、最高でした。地方在住のヅカオタにとって、ご贔屓が、地元で主演公演を開催してくれることは、人生の中であるかないかの奇跡です。その奇跡に巡り合えたことに感謝!

 

なんですけどね、私、宝塚ばかり観ているもので、地方公演での観客のマナーで気になることが多かった…

全国ツアーは、初めて宝塚を観る人も多いから、大劇場等にたくさんいる宝塚独自のマナーに精通した人ばかりではないですもんね。なんか、宝塚って独特のマナーがあって、敷居が高いですよね*1

そこで、初めて全国ツアーで宝塚を観るときに、これだけ知ってると、安心して観劇できる7つのルールについて。

 

 

 

1 開演前に余裕をもって席に着くこと

宝塚は、ギリギリに会場来る人ってそんなに多くない印象です(たまにいるけど)

全国ツアー公演は、直前に来る人多かった~。なんなら、開演後に入ってくる人も数人いた。開演してからの入場は、演技の妨げになる可能性があるし、必死にご贔屓のお姿を追いかけるため、遠方から遠征しにきてるヅカオタの視線を遮る罪深い行為ですから、早めに着席しておきましょう。*2

 

2 公演中は飲食しない

これ、宝塚に限らないし、劇場の案内で流れることもありますが、公演中は飲食禁止です。水分や、食べ物は、幕間に飲食していい場所でとりましょう!*3

 

3 公演中は会話しない

これな。気持ちはわかる。うん、ジェンヌさん驚くほどかっこいいよね。隣のお友達とときめきを分かち合いたくなるよね。でも、公演終わってからにしよ!

隣の宝塚詳しいお友達に、舞台で気になった素敵な人のお名前を聞きたいこともあるでしょう。それも幕間に確認しよ!

やっぱり、公演中の会話は気になりますよ。幕間か、終演後に思う存分感想を語り合いましょう!!

 

4 背中は座席につけよう

これ、観劇時の公式ルールかわかんないんですけど、大劇場では、公演中は座席に背中をつけるようアナウンスがあります。

ほら、みんな背中を座席につけずに見たい方向に頭動かすと、後ろの人の視界がことごとく遮られちゃうから。頭動かしたくなるのは、わかる。でも、座席に背中をつけて、そのうえで、動かせる範囲でのみ、頭動かそう。

すっごく頭動かさないと、舞台見えないもん!というあなた、オペラグラスという便利なものが世の中にはあります。オペラを買って観劇してごらんなさい。後方席でもジェンヌさんの表情やお化粧がじっくり見られます。

 

5 拍手してみよう

宝塚の拍手、独特です。スターさんが出てきたとき、スターさんが歌った後に拍手することが多い。スターさんがテンポのいい曲を歌うときも、手拍子することがあります。私も、法則性はよくわからないけれど、大丈夫、会場には必ずプロがいて、公演中の拍手が必要な場面ではどこからか拍手が聞こえてきます。

拍手が始まったら、すかさずその拍手に合わせて手を叩いてみましょう。

拍手は、観客側から感謝や、ときめきを伝えられる唯一の手段。拍手の大きさで、ジェンヌさんもますますやる気が出ることもあるはず(と私は信じている)

 

6 公演中は立たない

いや、当たり前なんだけど…。今回、客席降りがあったときに、興奮したのか、立ち上がって、隣の人たちを遮ってジェンヌさんに手を伸ばしてる人をみかけたもので。

さすがに、それはダメでしょ。テンション上がりすぎちゃったんだろうけど、ジェンヌさんにマナーの悪い地方と思われたくないから、やめてください。

 

7 楽しむ

細かいことをなんだかんだ言ったけど、結局、周りに迷惑をかけずに思い切り楽しめたら、それが最高。宝塚的に、いつもは拍手が起こらない場面で拍手が起こるのも、客席降りで歓声があがるのも、純粋な喜びがあふれてのものだったら、迷惑なことはないと思うのです。

 

以上、7つのルールを守れば、清く正しく美しい観客になれるはず。

レッツエンジョイタカラヅカ!!

 

 

 

 

 

 

*1:私も詳しいわけではなく、うっすら感じ取っているマナーなので、間違っていたり、追加があったら、コメントで教えてくださいませ!

*2:全国ツアーのため、地方遠征するヅカオタは多い

*3:今回、隣のおばあさんがちょくちょく飲み物を飲んでいて気になって…