おとなになっても奇蹟は起こるよ

アラフォーが感性を磨いていくブログ。そして宝塚おたく。

点滴に通う連休とは

お久しぶりです、ダニエルです。

 

アデノウィルスに引き続き、ノロ(たぶん)にかかり、気持ち悪さを寝てやり過ごしてました(・∀・)

 

私、持病があるので、免疫力が低く、なんでもかかりやすいんだけど、新年早々体調悪くてまいった。家族もみんな順番にかかったから、自分がかからないわけないんだけど。

今回も、発端は甥っ子ちゃんでした。子どもの持ってくる菌は強力だ。

 

今は、気持ち悪さはだいぶんなくなったんだけど、あまり食べられず、おなかの調子が悪いので、連休中は、病院の救急に点滴に通ってます。

特に予定のないヒマな連休でよかったぜ…

明日は、友達とランチの予定があるけど、それくらい出かける余力はあるし。

 

 

(ここからの記事は点滴についてしか書いてないので、わかってくれる人がどれだけいるのか微妙です)

私、点滴することの多い人生なんだけど、点滴って即効性があって、すぐに元気になるから、結構好き。点滴入ってる時点で、あ、元気になってきた…!って体感がある。

 

ただね、私、血管が細くて、看護婦さん泣かせなのが困りもの。

たいてい、「細いですね…」って看護婦さんを戸惑わせてる。そういうこと多いから、食生活などで、血管太くなるなら、改善したいと思ってるんだけど、血管って生まれつきのものだから仕方ないんだってね。

血管が太い人だと、同じ血管で一週間くらい点滴できるのが、私は1~2日で場所を変えないと、点滴が入っていかなくなるし。

まあ、今回は、毎日点滴打つので、結果として違う場所から点滴することになるけど。

 

あと、体調悪いと、考え方も暗くなりがち。

点滴で回復しつつあるから、思考も健康になってきたような。

 

連休中の点滴で、連休明けには完全復活できる予定なので、通院がんばります~

 

みなさんは、充実した連休をお過ごしくださいね!